HOME > コンソーシアム組織情報発信 > 会則

会則

名称

第1条
 本会は、「熊本県社会・システムITコンソーシアム」と称する(以下、「コンソーシアム」という。)。

目的

第2条
 コンソーシアムは、熊本県における社会・システム関連産業に携わる産学行政が連携して「熊本県産業振興ビジョン2011」中の重点成長分野『社会・システムフォレスト』(以下、「フォレスト」という。)の効率的な推進の支援を図ることをもって、本県における当該産業の振興に資することを目的とする。

事業

第3条
コンソーシアムは、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。
  1. フォレストにおける諸施策の効率的な推進を支援するための事業の企画・実施
  2. 社会・システム関連分野に関する産学行政、関係団体等との連携・交流支援
  3. 社会・システム関連分野に関する普及啓発や情報の収集・発信
  4. 社会・システム関連分野における技術者の人材育成支援
  5. 社会・システム関連分野における企業の誘致活動の支援
  6. コンソーシアム参加企業等の受注拡大・共同受注の支援
  7. その他コンソーシアムの目的を達成するために必要な事業

構成

第4条
コンソーシアムは、熊本県内の大学・高専等教育機関、公設試等産業支援機関、地方自治体、熊本県内で活動する社会・システム関連産業の団体である次のグループで構成する。
  1. くまもと技術革新・融合研究会(RIST)
  2. セミコンフォレスト推進会議
  3. 一般社団法人 熊本県情報サービス産業協会
  4. 一般社団法人 熊本県工業連合会
  5. その他会長が必要と認め、参加を要請する団体

会員

第5条
コンソーシアムの会員は、次のとおりとする
  1. 団体会員 前条の団体に属し、本会の趣旨に賛同する法人、団体
  2. 個人会員 前条の団体に属し、本会の趣旨に賛同する個人
  3. 前号の他、会長が必要と認め、参加を要請する個人、法人又は団体

入会

第6条
コンソーシアムに入会を希望するものは、別に定める入会申込書(第1号様式)を会長に提出し、会長の承認を得なければならない。

会費

第7条
会費は当面定めず、本会が実施する個別事業毎に、参加者が応分の負担を行うものとする。

退会

第8条
コンソーシアムを退会しようとするときは、別に定める退会届(第2号様式)を会長に提出しなければならない。

役員

第9条
コンソーシアムに、次の役員を置く。
  1. 会長   1名
  2. 副会長 6名以内
  3. 幹事長 1名
  4. 幹事   10名以内
  5. 監事   2名以内
  • 役員は、総会において会員の互選により選任する。
  • 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
  • 補欠又は増員により選任された役員の任期は、前号の規定にかかわらず前任者又は現任者の残任期間と同一とする。
  • 役員は、無報酬とする。

職務

第10条
会長は、コンソーシアムを代表し、総会の運営等の会務を総理する。
  1. 副会長は、会長を補佐し、会長が不在のときはその職務を代行する。
  2. 幹事は幹事会を構成し、本会則に定める事項を審議し決定する。
  3. 幹事会は、幹事長が運営する。
  4. 監事は、コンソーシアムの会計を監査する。

相談役、顧問

第11条
会長の指名により、コンソーシアムに相談役、顧問を置くことができる。
  1. 相談役、顧問は、コンソーシアムの運営に関する事項について、意見を述べることができる。
  2. 相談役、顧問の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
  3. 相談役、顧問は、無報酬とする。ただし、コンソーシアムの活動に出席する場合は、「熊本県職員等の旅費に関する条例」を準用し、旅費を支払うことができる。

総会

第12条
総会は、会員をもって構成し、次の事項を議決する。
  1. 事業活動に関する事項
  2. 役員の選任及び解任
  3. 会則の改定
その他、コンソーシアムの事業運営に関する重要事項
  • 総会は、年1回通常総会を開催する。ただし、会長が必要と認めたとき、又は幹事会が開催を会長に要請したときには、臨時総会を開催することができる。
  • 総会及び臨時総会は、会長が招集する。
  • 総会の議長は会長とし、会長不在の場合は、副会長のうちから議長を選出する。
  • 総会の議事は、出席した会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

幹事会

第13条
幹事会は、幹事長及び幹事をもって構成し、次の事項を議決する。
  1. 総会の議決した事項の執行に関する事項
  2. 総会に付議すべき事項
  3. 臨時総会の開催に関する事項
  4. その他、総会の議決を要しないコンソーシアムの事業執行に関する事項
  • 幹事会は、幹事長が召集し、議長は、幹事長がこれにあたる。ただし、幹事長が出席できない場合は、出席幹事のうちから議長を選出する。
  • 幹事会は、構成員の3分の2以上の出席をもって成立し、議事は、出席した者の過半数をもってこれを議決する。
  • やむを得ない理由で幹事会に出席できない幹事は、予め通知された事項について、書面又は代理人をもって議決権を行使することができる。
  • 幹事会は、必要に応じ部会(WG)を設けることができ、部会長(WG長)は、幹事長が指名する。
  • 幹事長は、幹事会に会長・副会長・相談役・顧問の出席を求め、意見を聞くことができる。

事務局

第14条
コンソーシアムの事務局を、一般社団法人 熊本県工業連合会に置く。
  1. 事務局長は、会長が委嘱する。

会計

第15条
コンソーシアムの運営に必要な経費は、会員の会費及び負担金、補助金、その他の収入をもって充てることとし、その内容については幹事会において協議し、決定する。
  1. 会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
  2. 前項の規定にかかわらず、協議会が設立された年度の会計年度は、コンソーシアム設立の日から始まるものとする。

その他

第16条
本会則に定めるもののほか、コンソーシアムの運営に必要な事項は、幹事会の審議を経て、事務局長が別に定める。

附則

この会則は、平成19年12月19日から施行する。

附則

この会則は、平成23年6月20日から施行する。

附則

この会則は、平成29年6月22日から施行する。

問い合わせ:
一般社団法人
  熊本県工業連合会
〒862-0901
熊本市東区東町3丁目11-38
TEL 096-285-8131
FAX 096-214-2030
info@es-kumamoto.jp


このホームページはリンクフリーです。
バナーをお使いの場合はこちらをご利用下さい。

バナー

  各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事につきましては、<熊本県社会・システムITコンソーシアム>の著作物です。
Copyright 2007 ES-Kumamoto All rights reserved.